『キャバ嬢とお客さんには心理的な壁があるってホント??』

 

心理的な絶対的な違い

テクニック,口説く,決めて,きっかけ,コミュニケーション

キャバクラに通い、キャバ嬢を落として付き合いたいなぁと考えている男性がまず大前提として知っておかなくてはならないことに、
「キャバ嬢と貴方には絶対的な立ち位置の差がある」
ということです。

 

例えば合コンの席なら、男性も女性も立ち位置(立場)は同じであり平等です。特殊な例を除けばその場にハンディキャップ
は生じていません。
男性も女性も合コンの場では、気の合う異性、タイプの異性をターゲットにしてアタックしてみれば良いだけです。

 

しかし、キャバ嬢vsお客さん では、まったく意味合いも立ち位置も変わってきます。

 

キャバ嬢は、お客さんである男性を和ませ、癒し、寛がせ、気持ちよく会話を盛り上げることを義務付けられている
接客のプロフェッショナルであり、男性客はもてなされる側のお客様です。

 

心理的にも、男性客は日中の仕事モードのONのスイッチを切り、完全なOFFの私生活リラックスモードでお店に来ています。
一方、キャバ嬢の方は、お仕事全開のバリバリONモードで接客に当たります。

 

リラックスしてるお客と真逆で、ピーンと張り付めた緊張感と責任感で、席について会話の相手をしているのです。

 

ですから、キャバ嬢の接客のテクニックが上手で、和やかに楽しく盛り上がり、愛想を振りまいているからといって、
合コンなどの盛り上がりと同じだと勘違いすることは厳禁です。

 

立ち位置と心境がまったく違うことを念頭に置きましょう

 

 

キャバ嬢に熱意が伝わらない

 

「お仕事モード」のバリアシールドを忘れさせる工夫を

 

上に述べたように、キャバ嬢にとっては、お客である貴方との会話はバリバリビジネス会話であり、顧客を接待するための
道具でもあります。
その理由は、何度も言いますが、「お仕事モード」のスイッチが入ってる状態だからです。

 

貴方は、キャバ嬢にとってビジネス上不可欠な顧客であり、お得様であるわけです。
気分良くもてなすのはビジネスにおいて当然の責務です。

 

お金のために女優のように、その場だけの擬似恋人を演じられるのがキャバ嬢やホステスという人種です。

 

なので、そんなキャバ嬢を落として付き合いたいという野望を抱く男性なら、まずここを切り崩していく必要があります。

 

「お仕事モード」バリバリでONに入っている彼女のスイッチを、一瞬だけでも忘れさせてOFFにすることが、まずはじめの一歩です。

 

でなければ、いくら熱心に口説こうが持ち上げてこちらになびかせる努力をしようが、鉄壁の心理的お仕事バリアに跳ね返されてしまうという徒労に終わります。

 

では、どうすれば、一瞬だけでも「お仕事モード」を忘れさせ、OFFに入れることができるのでしょうか?

 

これには根気が要ります。
まずは、狙いを定めたキャバ嬢を指名して、会話の中から、そのキャバ嬢が本当に好きなものや本当に興味を持っている趣味など
を探り当てます

 

それを掴んだら、今度はその関心事やものについて徹底的に勉強するのです。

 

一端、それについて詳しくなったところで、お店でのキャバ嬢との会話の中でさりげなく少しだけその関心事やものに
関するマニアックな薀蓄を挟むのです。

 

そういう話題に対しては、バリアが一瞬取れて、入り込んでくるのが人間の心理です。
そのチャンスを逃してはいけませんが、あくまでさりげなく
ガツガツしてはいけませんよ(笑)