『キャバ嬢の思わせぶりな素振りがフェイクかガチかどうやって見極めるの??』

 

キャバ嬢が男性客を勘違いさせるテクニック

テクニック,口説く,決めて,きっかけ,コミュニケーション

キャバ嬢やホステスは、お店が戦場です。
ゲスに言えば、「ゼニを稼ぐ場」なのです。

 

ですから、自分を指名してくれるお得意様、顧客を増やすためには、あの手この手の手練手管を駆使してきます。

 

お客の方も普通はそんなことと割り切ってお店に行く場合がほとんどですが、中にはキャバ嬢好きで、ガチでキャバ嬢と
隙あらば付き合いたいという下心でパンパンなお客も一定数いらっしゃるようです。

 

そんな邪な下心で一杯の男性にとっては、キャバ嬢の一挙手一投足、一言一句が、「自分に向けられたラブメッセージ」
と受け取ってしまう勘違い男も少なくありません

 

キャバ嬢の側にとってはそれがまさに狙いで、「メシの種のための必殺テクニック」だったりします(笑)。

 

ここでは、そんな下心の男性客が勘違いに陥りやすいキャバ嬢のテクニックについて具体的に例を挙げていきたいと思います。

 

 

メアド、LINE ID、電話番号ゲットの勘違い

 

例えば合コンなら、ある程度気のある異性でなければ教えてもらえないこれらの連絡先も、キャバ嬢にとっては、顧客になれば必要不可欠な仕事のお得意様の連絡先となるので、お仕事感覚で連絡先の交換を行うのは普通のことです。

 

「おっしゃ!あのキャバ嬢の連絡先ゲットだぜ!!俺に気があるな?」

 

なんて早とちりしている勘違い男がいたら、目を覚ましましょう

 

 

同伴出勤

お客さんと一緒に、出勤時にお店に入ることを同伴と呼びます。

 

これは、お店にとっては開店からお客を連れてくるのでメリットが大きく、「月の同伴○人以上」とこの同伴をノルマに課しているお店も少なくありません。

 

ですからキャバ嬢としても、ノルマのクリアには必死で自分を一度でも指名した顧客に対して、誘いのアプローチをかけるのが普通です。

 

「お、あの子から同伴のお誘いがキター!俺に気があったのか!!」

 

と勘違い全開のそこの貴方、冷静に考えてください。

 

通常、キャバ嬢は「嫌いなタイプとは同伴はしないの」と嘘ぶきますが、これはリップサービスで、まず顧客なら100%、ノルマが厳しいと誘ってきます

 

 

アフター

 

アフターとは、お店が終わった後でお客さんと一緒に帰ったり食事をしたり、時には休憩やデートをしたりといった行動のことを呼びます。

 

正直、アフターは同伴に比べると、かなり踏み込んだ顧客に対してのサービスであり、同伴よりはキャバ嬢との関係
は親密だと考えて良いとは思います。時には、ホテルで休憩したりすることも少なくないようですからね。

 

ただ、これが即ち「恋愛感情があるか?」といえばそうではない場合も多々含まれます

 

恋愛感情は無いけど、太い顧客で逃がしたくないからアフターをサービスの延長として行っているキャバ嬢も多いからです。

 

また同伴のように多くは無いですが、お店によってはアフターもノルマとして課しているお店もあるので、そういうお店は要注意です。