キャバ嬢を好きになってしまったアナタへ

キャバ嬢を本気で好きになってしまった。
キャバ嬢とどうにかして付き合う方法はないだろうか?

 

そんなことを考えたことはないですか?

 

キャバ嬢,付き合う、口説く,落とす

 

 

はじめまして!
当サイトの管理人の、タクと申します。

 

僕は数年前にある一人のキャバ嬢に惚れました。
そして何とかして、付き合うことは出来ないかといろいろな方法を試しましたが・・・

 

結果撃沈><

 

キャバ嬢,付き合う、口説く,落とす

 

しかし性懲りもなくまた別のお店で別のキャバ嬢を好きになっては「ただのお客さん」としてしか見てもらえないというジレンマに、
その怒りをキャバ嬢にぶつけて
「じゃあもうお店に来なくていいよ」
と切れられるということを繰り返していました。

 

 

キャバ嬢はお客に来てもらってなんぼなのにそのようなことを言われるということは、
当時の僕はよっぽどキャバ嬢に嫌われていたんですね(苦笑)

 

 

今では当時のやり方がいかにダメだったか良く分かります。

 

 

・好きなキャバ嬢に日に何度も日記のようなメールを送る
・本指名をしてしょっちゅう店に会いに行く
・今日こそは口説こうと思うが、毎回気付いたら嬢のペースに乗せられ日常会話で終わる

 

断言できます。
そのようなことをしていては一生キャバ嬢と付き合うことは出来ません。

 

僕は今、3人のキャバ嬢と現在進行形で付き合っています(笑)

 

そして過去に付き合ったキャバ嬢は累計26人となりました。

 

というのも、キャバ嬢に振られてばかりだった数年前、とあるメールテクニックに出会って
ほぼ100%の確率でキャバ嬢と付き合えるようになったからです。

 

当時あんなにも恋い焦がれて好きだったキャバ嬢ですが、実際付き合ってみると、まあ普通の女の子なので、飽きるというかww贅沢ですがww
あまりにもカンタンに落とせるのでついつい他の子に目移りしてしまうんですね。
僕の悪いクセです。

 

あなたは正しくテクニックを使って、本当に好きな子と付き合うと良いと思います。

 

>>僕が多くのキャバ嬢と付き合えるようになったメールテクはこちら

 

 

そもそもキャバ嬢って客を好きになるの?

キャバ嬢,付き合う、口説く,落とす

 

はい、もっともな疑問だと思います。

 

キャバ嬢が客を好きになるかどうかということですが、今まで付きあった女性に聞くと
皆が皆「店の半分以上の子がお客さん(元含む)と付き合ってるよ」というような回答でした。

 

それもそうですね!
キャバ嬢・・専業の子は特に普段仕事と家の往復。
休みも上客に付き合って映画に行ったりゴルフに行ったり、プライベートでの男性の出会いがないんですね。
昼間働いている子も結局職場だけの出会いになってしまうので、お客以外で新規の男性に出会う機会はないと思います。
(※ちなみに昼間働いているという子の半分は嘘を付いています。何故かというとそう言っておけば客からの誘いをかわすことが出来るからです)

 

学生の子は学校で同世代の男子との出会いがある可能性はありますが、
キャバ嬢になる子は同世代の男を子供っぽいと相手にしない傾向にあるので、そこは気にしなくても良いです。

 

しかしキャバ嬢と付き合うのは厳しい

 

キャバ嬢,付き合う、口説く,落とす

 

キャバ嬢はお客を好きになる可能性があるということは充分に理解いただけたと思います。

 

しかし実際のところ付き合うとなると、結構厳しいというのが現実です。

 

本業がキャバ嬢の子は何十人・・ナンバークラスだと何百人というお客を抱えています。
毎日何人ものお客に口説かれているでしょう。

 

その中でその子と付き合える男性はたった一人です。
競争率何十倍、何百倍・・という世界です。

 

キャバ嬢,付き合う、口説く,落とす

 

社長や医者など、お金持ちの客も何人もいます。
そんな客は嬢に月数十万〜数百万のお金を使っています。
お金を持っているというだけで、嬢にはとても魅力的に映ります。
自分のためにお金を使ってくれているということと、お金を持っていることで、人間として余裕があるように見えるんですね。

 

 

そんな強力ライバルにあなたは勝つことができますか?

 

 

 

ここで今あなたがもしキャバ嬢を口説き落とすための必勝テクニックを身に着けたらどんなメリットがあるかお伝えします。

 

 

  • 大好きなキャバ嬢と、プライベートでいつでもデートすることができる
  • 簡単にHすることが出来ないキャバ嬢と、いつでもHすることが出来る
  • 可愛くて人気のあるキャバ嬢がいつも横にいてくれる
  • 今後お金を使わなくても、キャバ嬢があなたのことを好きになり付き合ってくれるようになる

 

では、キャバ嬢を口説き落とすための必勝テクニックを身に着けることが出来なかったらどんなデメリットがあるのでしょうか。

 

  • デートとは名ばかりの同伴出勤にいつもつき合わされ、プライベートでは会ってもらうことが出来ない
  • この先、大好きなキャバ嬢とHする未来など起こり得ない
  • 人気のあるキャバ嬢はいつも忙しく、店や同伴でしか会うことができないためお金がかかり続ける
  • 今後もあなたはキャバ嬢にずっとお金を使い続けることになる

 

 

たしかに何の知識もない今のあなたにはキャバ嬢を口説き落とすのは非常に難しいでしょう。

 

しかし、世の中には、見た目もさして良くない上に地位も高くない・・にも関わらず、キャバ嬢を次々と口説き落とすことのできる人がいます。

 

キャバ嬢,付き合う、口説く,落とす

 

今のあなたとの違いは単なる「知識」です。
キャバ嬢を口説き落とすには【方法】があります。
その【方法】は知識によって得ることが出来るのです。

 

戦略的キャバ嬢攻略メールは公式ページはこちらから

 

 

想像してください……

 

 

・ いつも指名しているキャバ嬢とプライベートでデートできるようになったら……

 

・ 通い続けているのに店外デートしてくれない大好きなキャバ嬢と
  プライベートでデートできるようになったら……

 

・ なかなかHできない大好きなキャバ嬢と
 簡単にHすることができるようになったら……

 

・ 人気キャバ嬢があなただけのものになって、思い通りになったら……

 

・ 大金を使わなくても、大好きなキャバ嬢を口説き落とし、あなたの彼女にできたら……

 

 

キャバ嬢,付き合う、口説く,落とす

 

 

キャバ嬢を口説き落とすのは本当に難しいです。

 

しかし、中には次々とキャバ嬢を落としている人だっているんです。

 

次々とキャバ嬢を口説き落としているテクニック
身に付けることができるようになったら……

 

そして、想像してください、
大好きなキャバ嬢を口説き落とせるようになったあなたを……

 

「人気キャバ嬢達が次々と落とされた驚愕の口説きテクニック」公式ページはこちら

 

 

どんな態度や仕草の男がキャバ嬢にモテるのか??

キャバクラのお店に入る前に、やっておいた方が良いことを挙げてみましょう。

 

キャバクラのお店に入る前にやることは、まず落ち着くことです(笑)。

 

キャバ嬢といえ、女の子であり、女性です。
女性は習性的に「安心できるもの」を好みます。

 

ですから、まずは落ち着いて安心できる男を装いましょう。

 

そのために、お店に入る前にやっておく具体的な手段としては、あなたの脳内でお手本にしたい友人や先輩や知人、あるいは有名人、俳優などを思い浮かべ、そのお手本に成りきるのです。

所作や話し方を、まんまパクるのです。

 

そうするとすっかりその存在になった気分で、落ち着いた所作が取れ、態度も自信に満ち溢れてくるものです。
役者の使う簡単な自己催眠の一種です。

 

ただ、これにも限度はあって、あまりにも無理のありすぎる設定はやめましょう。
例えば、芸能人なら、出川哲郎のような外見や声で、ディーン・フジオカに成りきって声やキャラを作って振る舞ってもちょっと無理がありすぎて、自信満々でも逆にちょっとヤバめの人と映って引かれてしまうかもしれません。
これでは逆効果ですね。

 

ですから、「この程度の人なら成りきってもいいな」という自分なりのラインを把握しておきましょう。

 

 

店内での好感を持たれる態度や所作

 

キャバ嬢,付き合う、口説く,落とす

 

お店に入る前に脳内モードチェンジを済ませたら、すっとお店に入ります。
この際は、あくまでも普通に、会社に出社するような感じで。

 

間違っても、オドオドした態度を取ったり、挙動不審者のように意味不明なことを呟いたりしてはいけません。
堂々と成りきった脳内キャラを演じて席まで案内されてください。

 

落ち着いて堂々としていれば、キャバ嬢も安心できるお客だな、と思ってくれます。

 

 

テーブルについてからの態度や所作の注意点

まずは最初なので、店のルールに従ってキャバ嬢が付くと思います。

その際にお酒をまず注文するので、ボトルで何を飲むか?を尋ねられると思います。

 

ここがポイントで、絶対やってはいけないことは、

 

「こっちにしようか?あ、やっぱやーめた。こっちにしよ!いやいや、待てよ」

 

などと優柔不断に、なかなかオーダーを決められない所作です。
これはほとんどのキャバ嬢の目には優柔不断で煮え切れない男と、大きくマイナスに映ります。

 

ですから、席についたら、秒殺でさっとお酒のオーダーが言えるように下調べしておいてください。

 

 

お酒の飲み方は嗜む程度に

さて。
お酒もきて、キャバ嬢とおしゃべりを楽しむわけですが、最初のうちは特に「お酒の飲み方」に注意して飲むこと。
即ち、「飲み過ぎるな」ということです。

 

酒は飲んでも飲まれるな、と言います。
キャバ嬢とおしゃべりしているうちに調子に乗ってガンガン飲み過ぎてしまうと、
ここまで落ち着いた振る舞いをしていたことが全部パーになってしまいかねません。

 

酔わないか、酔ってもほんのホロ酔い程度におさめておいてください。
失態をしないためです(笑)。

 

 

 

 

キャバ嬢からモテたいのなら…会話における基本姿勢

 

さて、キャバ嬢にモテる存在になりたいと考える貴方。

キャバクラに行くと席に案内され、キャバ嬢とマンツーマンの楽しい会話がはじまります。

 

通常のお客さんの場合であればキャバ嬢に接客される側の立場なので、自分の話や自慢話などを得々と話し、
キャバ嬢に大げさにリアクションしてもらったり、「すごーい!」とヨイショしてもらったりして悦に入る、

 

即ち、ご満悦になり気分よく帰途に着く、というパターンだと思います。

 

しかし、「キャバ嬢と付き合いたい!」と内心下心でいっぱいの貴方は、同じように過ごしては失格です。

 

何故なら、キャバ嬢は耳にタコができるほど、胃液吐くほど、こういったお客さんの「オレオレ自慢話」は毎日聞かされてウンザリしているからです。
なので、結論を言えば、貴方のとる行動は

 

「キャバ嬢にまず好かれたくばオレオレ自慢話を一切しない」
「徹底的に聞き役に回る」

 

ことです。少なくとも最初のうちは、このことを肝に銘じておくべきです。ただ、聞き役に回ればいいのです。

 

 

ポイントに薀蓄(うんちく)をごく少量だけ挟む

キャバ嬢は毎日、お客さんの自慢話やたいしておもしろくもないネタ話や、滑りまくりのギャグのお愛想笑いを交えてのリアクションで、精神的にかなり疲弊しています。

 

ストレス発散をしに来るお客さんはそれで満足だし、
それが接客のプロの努めだろ、当たり前だ!
って感じだと思いますが、貴方は違います

 

なんせキャバ嬢と付き合いたい、キャバ嬢にモテたいという邪な下心で満載なんですから。

 

そこで、貴方が取るべき会話における態度は、キャバ嬢に気分良く自分のこと喋らせて、上手に相槌を打ち、どんどん気分を乗せてあげることです。

 

基本的に、「うん」「へえ」「そうなんだ」「すごいね」といった短い合いの手だけで十分です。

ただし気持ちを込めて役者になったつもりで、合いの手を入れてください。

 

キャバ嬢は、日ごろ聞きたくもない自慢話を嫌と言うほど聴かされて鬱憤が溜まっています。
それを、気持ちよくしゃべらせて発散させてあげるのです。

 

間違っても貴方のことは、強く訊かれない限り、自分からは一切話してはいけません。

 

そして、基本合いの手の短い言葉の合間に、自分が詳しい話題をキャバ嬢が話した時だけ、
それに関するちょっとした知識や薀蓄を差し挟んでください。話が盛り上がります。

 

ただし、長々はダメ。
短めに、さらっと薀蓄を挟むだけで十分です。

 

 

そもそもキャバ嬢とは??

一般的にキャバ嬢とホステスの使い分けってあまりできてないですよね?

 

その業界で働いてる人たち以外には、この両者の違いはほとんど認識されていないと思います。キャバ嬢とホステスの明確な違い、分かりますか?

 

まずはお店の違いから考えてみます。
キャバ嬢の働くお店の区分は、キャバクラ(キャバレークラブ)と呼ばれる飲食店で、そこでお客さんを接待して、笑顔で会話の相手をして、いい気分でお酒を飲ませる仕事をする女性従業員のことをキャバ嬢(キャスト)と呼びます。

 

 

一方、ホステスの働くお店はの区分は、クラブや高級クラブと呼ばれる高級接待飲食店です。
ここで男性客(時には女性客も)の隣に座り、そつなくその場の会話を盛り上げる接待役に勤めるのがホステス。一般的に、キャバクラよりかなり高額なお店が多いです。

 

 

接客体制や客層の違い

接客のシステムについても、キャバクラとクラブ(高級クラブ)ではやはり違いがあります。

 

クラブ(高級クラブ)では、お客様1人に付くホステスは2人

担当係とヘルプが1組で接客に当たるのが基本なのに対し、キャバクラでは、お客様1人ならキャバ嬢も1人のマンツーマン方式を採用しているお店がほとんどです。

 

 

客層にも大きな違いがあり、キャバクラは一般的に、普通のサラリーマンや中小企業の経営者、公務員や自営業者など個人客が大半なのに対し、クラブ(高級クラブ)の客層は、大企業の役員や高級官僚、資産家階層に属する人々など、ハイソサエティーな人種が多く、尚且つ、お店を接待・商談のビジネスの延長の場として使う社用族が多いのが特徴です。

 

 

キャバ嬢とホステスは賃金形態や年齢層も違う

賃金形態は、ホステスはどの高級クラブでもお店でそんなに大きな給与システムの差異はなく、安心して働ける形態を採用しています。

 

具体的には、日給×稼働日数+賞金というシンプルな形態です。ですから、おおまかな給与額は前もってだいたい算段できます。

 

キャバ嬢,付き合う、口説く,落とす

 

これに対して、キャバクラはお店ごとに、かなり給与体系の異なる場合が多く、
また算定のシステムもお店ごとにかなり違うようです。

 

 

最も多い方式は、時給×労働時間が基本で、これにお店によって、指名料はじめ同伴料金やボトルバック料金が加算されていくポイント方式が主流のようです。

 

キャバクラの場合には結果主義のお店が多く、結果によって毎月時給がコロコロ変わるといったケースも珍しくありません。
ですので、ある意味、ホステスよりギラギラした女の子が多いのも特徴です。

 

また、一般的にホステスは主戦力が30代で、40代〜50代のベテランホステスも多いのに対して、キャバ嬢は圧倒的に20代が主流で、主戦力も20代

 

30代以上はかなり数が少ないという違いがあります。

 

キャバクラのいろんな「相場」あれこれ

 

キャバ嬢と付き合いたい願望があるとはいえ、そこまでキャバクラに行き慣れていない方もいるかもしれませんね。
まずは、キャバクラのシステムや料金体系を知ったうえで、キャバクラに実際に行ってみる、というところからはじめてみましょう。

 

その前に、基本的なことをひとつ。
料金体系云々以前の段階で、原則的な注意点があるのです。
それは、

 

「金欠状態の時は、絶対キャバクラには行かない」

 

キャバ嬢,付き合う、口説く,落とす

 

ということ。
これは、当たり前のことですが、キャバ嬢から見て最も相手をしたくない客は、一般的に

 

「お金のないお客さん」「ケチなお客さん」

 

だそうです。

 

ですから、お金に余裕がない時にキャバクラに行っても心の余裕もないため、結果キャバ嬢からはモテないのです。
キャバクラにはお金に余裕のある時羽振りの良い時に行くようにしましょう。

 

 

キャバクラの基本的な料金体系

キャバクラの料金体系の基本となるものに「セット」という考え方があります。
これは簡単で、1セット=1時間のことです。

 

ですから、そのお店の料金表に「セット料金:1セット○○○円!」と表示されていたら、基本1時間で最低いくらかかるかが分かります。

 

このセット料金の他に、新規でお酒を飲む場合にはニューボトルを入れるのが普通ですが、この「ボトルチャージ料金」が上乗せされてきます。

 

ボトルチャージ料は、お店によっても違いますが、だいたい相場は、4000〜5000円と思ってください。

 

次に、キャバ嬢を指名する場合にかかる料金を指名料といいます。

 

この指名料もお店によって多少の誤差はあるにせよ、だいたい3000〜4000円だと思っておけば良いでしょう。

 

この他に、キャバ嬢に飲ませてあげるドリンク料金も会計に上乗せされます。奢ってあげる義務はありませんが、マナーとしてこの料金も出してあげるのがスマートです。

 

 

以上に述べたような一通りの予算を頭に入れて、キャバクラに行くと良いでしょう。
目安として、2万円程度あれば十分だと思います。

 

 

初めてのキャバクラで気を付けること

上で述べた通り、キャバクラに行く際にまず気を付けたいのは懐具合ですが、他にもいくつかあります。

 

なんせ、このコラムはキャバ嬢と付き合うには?を模索してるわけです。
ノッケからキャバ嬢に引かれたり、嫌われたりするような事態は、極力避けたいものです(笑)。

 

その意味で最低限気を付けたいのは、

 

  • 清潔を心掛ける」
  • 身だしなみを整える」
  • 「サラリーマンなら無難にスーツで来店する」

 

ということです。
やはり、キャバ嬢も不潔なお客は苦手です。

 

髪がボサボサで無精髭も伸ばしっぱなしというようなスタイルは極力(好かれたいと思うなら)避けた方が無難です。
身ぎれいな服装で出かけましょう。